ページ

2015年3月30日月曜日

2015 鳥人間コンテストの選考結果

こんにちは フェアリング班の柏原です
あと2日で新年度ですね。年間平均気温が14度の東広島市にも春がやってきました。


本日第38回鳥人間コンテストの選考結果の通知が届いたのでお知らせします。

この度 広島大学HUESは書類審査の結果,出場できないこととなりました。
どのメンバーも9月から2015年度の機体ver.13を鳥人間コンテストで飛ばすため,日々作業に取り組んできましたが,このような結果になりました。最近の2年に1度のペースを崩すことができず,大変悔しいです。これからの活動については明日話し合っていく予定です。それでも春休みは毎日活動します!

次の大会まで時間がたっぷりあるので,新一年生の指導を充実させ,さらに良い機体を製作して行きたいと思います!(私は決定権はありませんがw)
 おそらくですが,新一年生にも早めに設計のことを知ってもらうことになると思います。(鳥コンに出る年は製作が中心になるので,でないときは設計かと勝手に思ってますby柏原)

これからもHUESは鳥人間コンテストの大舞台に向けて走っていきます。よろしくお願いします!

2015年3月27日金曜日

all about hues(後半)

昨日に引き続き今日もHUESの製作班について紹介します。
3,フェアリング班
フェアリングというのは機体の顔ともいえる部分でコックピットの周りを覆う部分です。
発泡スチロールを積層したものを紙やすりなどで削り出して成形しています。フレーム班とはまた違ったタイプの芸術的センスが問われる班であると思います。フェアリング班と言ったらやっぱり発泡スチロールという感じですが、今年からはその印象を払しょくして新たな素材を使用した成形にもチャレンジするようです。

4,電装班
HUESの機体はパイロットがジョイスティックを使って尾翼を電気的に操作するフライバイワイヤと呼ばれる方式で操縦しています。主にその部品を設計製作するのが電装班です。またテストフライト時に機速、絶対速度、軌跡、姿勢などといったログを録るのもおもに電装班が行っています。4つの班の中で一番専門性が高いです。

以上が常設製作班4つの紹介でした。

2015年3月26日木曜日

all about hues(前半)

広島大学工学部人力飛行機製作チームHUESは2002年に鳥人間コンテストに初出場したチームで今年で13年目を迎えます.
初出場した時からHUESの機体のコンセプトは人力飛行機の中では世界的にもとても珍しい双発機です.
双発機と言うのはプロペラが2つついている機体のことでプロペラが1つしかついていない単発機と比べて安定性が高いなどのメリットがあります.

また何よりも見た目がかっこいいです!!(笑)

HUESは現在,現役が20名弱また呼べばすぐに駆けつけてくれる頼もしいOB,OGがたがいます.
チームは大きく分けて4つの製作班に分かれています.
そんな中から前半では2つの製作班を紹介します.
1,翼班
翼班は主に機体の主翼と尾翼を設計製作します.4つの班の中で一番作業量が多いのでその分人数も一番多いです.主に扱うのはスタイロフォーム,発泡スチロールまたプラフィルムなどの比較的やわらかいものを扱っています.

2,フレーム班
フレーム班はパイロットが乗り込むコックピットの骨組みやその他いろいろな部品の取り付け部分を製作しています.プリプレグと呼ばれるカーボン繊維を金型に巻きそれを焼いて鋼鉄の3倍の強度を誇るCFRPの部品が完成します.4つの班の中で一番センスが問われる作業が多いです.主に扱うのはカーボンやアルミニウムなどの硬い素材です.

以上が4つの班の2つの紹介でした.
後半では,残りの2つの班について紹介します.

2015年3月25日水曜日

広島大学新入生の方へ

今年もHUESは入学式に行ってビラまきします。
完成が入学式に間に合えば(笑)こんなロゴが印刷されているジャンパーを着たメンバーがビラをまいているのでよかったら声をかけてください。

また今年は,私たちのチームに参加したい新入生のためのBBQも4/7(火)に作業場付近でやります!
正直,まだ入るかどうかわからない方も,今すぐ参加したいかたも大歓迎です!
BBQ来ようと考えている方はメールかTwitterで連絡待ってます。

メールアドレス:hiroshima.hues[at]gmail.com